教員になる前に身につけたい資格や経験!やっておいて損はない3つのこと

教員になる前に身につけたい資格や経験!やっておいて損はない3つのこと

教員になりたいけど、その前に何をやっておけばいいのかわからない。そう考える人はたくさんいるでしょう。

 

他にも教員を実際に目指して教員になってけど、一生教員を続けるかどうかわからないから、転職するかもしれない、その準備をしておきたいと考える人もと思います。

 

今回は、そういった方に教員になる前にやっておきたいことを紹介させていただきます。

 

教員以外のコミュニティをもっておく

 

これは教員に限られたことではありませんが、ひとつの環境だけにいると視野も価値観も狭くなりがちです。

 

そうならないように様々な人と関わりを持つようにしましょう。

 

その手段の一つとして社会人サークルに所属するなどがあります。

 

例えば、料理、手芸、スポーツ、アウトドア、いろいろな趣味で出来ている社会人サークルがあり、今は昔と違ってインターネットが発達しているので社会人サークルを探すためのサイトなどもあります。

例として、こういった便利なサイトもあります。

↓↓↓

http://circle-link.czycncpt.com/

 

教員になると休日部活動などがあると、教員以外の知り合いをつくるのは難しくなります。学生時代などから長く付き合える交友関係を築くのも大事なことです。

 

また、転職を考えているときは情報や人脈が必要で、人との繋がりをつくっておいて大切にしておくといいでしょう。

 

役に立つ資格

 

資格を取得しておくのは教員を目指す人、教員だけど転職を考える人にかかわらず役に立つことです。

 

その中でも汎用性があるものを紹介します。

①TOEIC

 

TOEICは聞く、読む、話す、書く、という四つの能力を測定する世界共通の英語テストです。

TOEICは合否がなく、五点刻みのテストです。一定のスコアを保持していれば、それだけ英語の能力を持つ証になり、昇進や転職する際に有利に働きます。

 

②ファイナンシャル・プランナー(FP)

 

生きていくうえで、年金、保険、様々な金銭的な疑問が生じますが、ファイナンシャル・プランナーはそういった分野に強い証になります。

証券会社や金融業に転職する際にアピールポイントとなります。

 

③秘書検定

 

秘書検定は社会人として欠かせない、書類作成、電話対応、接客マナーなどに強いという証明になります。

教員は一般的な社会人と比べて社会人のマナーに欠けるなど、思われがちですが、所持していれば、自分はそういったことにも長けているとアピールできます。

 

また、すぐに次の職場に移ることができれば問題はありませんが、諸事情によってはそれも難しい場合があります。

そうならないためにも、汎用性のある資格を取得しておけば、転職する際に有利になります。

 

教員になる前に身につけておきたい2種類のこと

①社会人としてのマナー・最低限の知識

今の時代、どこの職場でもパソコン関係は避けて通れないでしょう。

 

他にも漢字の読み書きは間違えたりしたら生徒や保護者の不信感につながりかねないので、抑えておきたいところです。

 

また、先ほども書きましたが、教員は一般的な社会人と比べて、マナーがなってない、常識がない、など思われる傾向があります。

一通りのビジネスマナーを頭に入れておけば、メールを打つ、文書作成などのデスクワークを行う際にも苦労することも少なくなることでしょう。

 

②人生の経験値を積み上げる

他にも、大学生のうちにできることをやっておくのも大事なことです。

人に何かを教える人間の人生の経験は多いに越したことはありません。

 

例えば、学生時代に旅行をして、多様な価値観に触れ、見分を広げるのもいいでしょう。

 

留学して他国の価値観や、その国の言語を学ぶこともいいと思います。

 

他にも、インターンや、小学校や中学校の生徒の支援を行う、学生ボランティアなどがあります。

 

これらも、教員になる心構えを学ぶことできるのではないでしょうか。

 

何かに興味を持ち、それに時間を割き、熱中するのは何かにつながることだと思います。

 

なので、いろいろなことに興味を普段から持つことが大事ではないでしょうか。

 

まとめ

 

教員以外のコミュニティ、役に立つ資格、積んでおきたい経験、この三つは最終的には繋がるものがあると思います。

 

例えば、ビジネスマナーも本一冊を読んでおけばある程度理解できるかもしれませんが、秘書検定を取得していればもっと深いところまで理解できると思いますし、マナーの知識を積んでおけば、社会人サークルに所属する際にもきちんとした振る舞いができれば、馴染みやすくなると思います。

 

教員になるには何が一番大切かというと、「人間性」とよく言われます。

 

教員採用試験の一次試験、二次試験、どちらにも面接があるということはそれを裏付けすることと思います。

 

この記事で紹介した教員になる前にやっておきたいことは、総じて人間性を養うためのものです。

 

人間性を磨き続ければ、他の仕事に就くことになったとしても無駄になることはないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA